2016年01月25日

このブログについて

『ききなしブログ』は、ゲーム・小説・音楽といった趣味の話題から創作小説に関するメモまで雑多に取り扱うオタクのブログ……でした。
現在はブログ更新を停止しています。個人サイト改装が完了し、そちらでの日記更新に完全移行するためです。
ありがたくもコメント・反響をいただいた『屍者の帝国』感想記事と、二次創作小説のみ残しました。このまましばらく放置しておきます。

他の活動場所は下記の通り。

サイト... http://torigoya.sakura.ne.jp/
twitter... http://twitter.com/y_satori
pixiv... http://www.pixiv.net/member.php?id=33861

余談。「聞きなし」とは、鳥の鳴き声を意味ある言葉に置き換えて覚えやすくしたもの。
posted by 佐鳥 at 18:30| Comment(0) | Web Site

2015年10月15日

追記事項と小さな魔女

 ひとつ前の感想記事、思いもよらぬところで拡散いただいたようで動揺しております。あ、ありがとうございます? これほんとに面白いです???
 どうせ自分では使わないからとツイートやブックマークのボタンを削除してありましたが、復活させてみました。URLコピーめんどくさくてすみませんでした(笑) こまごました誘導リンク類も見直しました。
 あとpixiv投稿したまとめ画像もたくさんブックマークいただいてるのですが、ひとつの投稿に複数のネタを詰め込んでしまったので、いったいなにがウケたのかさっぱりわからないです(;´∀`) ワ、ワトフラかな……?

 pixivへのイラスト・文章投稿はもちろん、Twitterで「屍者の帝国」「感想」などのワードで探しても色んな記事が出てくると思います。最近はプライベッターを使うひとが多い印象です。参考にさせていただいてます。
 映像的な評価や考察(登場するアイテム・モチーフの意味とか)、魂と言葉に関する考察、脳科学や屍者技術そのものへの指摘など、難しいところは有識者の方々にお任せしますね。わたしは偏った目でしか見られませんでしたので……。元々原作は「言葉を扱うSF」として面白い!と思っていましたが、考察までは、なかなか。
 原作円城版が好きなひと、そもそも円城さんの引き継ぎを認めないひと、劇場版の予告を見て興味を持ったひと、様々な立場のひとがいると思いますが、なんだかんだで良くも悪くも考え込むキッカケになったという意味ではプロジェクトイトウやばいなって思います!!(大事なところをやばいで台無しにする試み)
 あとは、3作出揃ったときにどんな評価に落ち着くか、でしょうかねぇ……。「ハーモニー」もかなりの波紋を呼びそうだし、「虐殺器官」はそもそも公開の見通しが立つかどうか。


 ところで屍帝2回目と同日に見てきた「リトルウィッチアカデミア」が泣くほど面白かったのでオススメしておきますね。前にweb公開されたバージョンを見て面白いなー!と思ってたのですが、続編エピソードも本当に面白かったです。ダイナミックな映像演出も見惚れますし、女の子がみんな個性的でかわいくてそれぞれ悩みや課題に立ち向かって成長する感じがもうたまらんですよ。2週間限定がもったいない面白さですので今のうちに是非是非!!
posted by 佐鳥 at 17:44| Comment(0) | Fan Talk

2015年10月11日

劇場版「屍者の帝国」感想

【前置き:10/21編集】
 何度も編集したくはないけどやっぱり前置きだけは追加が必要だと思って。あと支障がない程度に文章の順番を変えました。

 思いもよらずアドレス拡散いただき、ありがたいやら申し訳ないやらです。こんなに広まるとわかってたら真面目な感想と腐女子発言を分けてましたよ!orz 偏見に満ちた記事である自覚はあります。参考になったなら幸いですし、気持ち悪かったら申し訳ない限りです。
 そして訪問いただいた方から新たな発想のヒントをいただけるのは本当に嬉しいです。コメントお寄せいただくのは大歓迎です。閲覧いただく皆様にも、せっかくならコメント欄までご覧いただければと思います。

※劇場版公開前からメタフィクション萌えをこじらせていた原作既読・二次創作者・腐女子の視点からお送りしております。
※原作未読の方に読まれることを想定していなかったので色々と不親切設計です。原作は発売から3年経ちますし、たくさん感想や考察が見つかると思うので、色々な見方を探してみてください。
※11月に劇場版を控えた「ハーモニー」にちょっとだけ触れていますがすみませんネタ扱いです。
※個人の主観と趣味による感想であり、本文をアップしたあと考えが変わってきた部分などもあります。追々また別の記事にまとめたい気持ちはありますが予定は未定です。

【この下から本文】

 ――*――*――*――
続きを読む
タグ:伊藤計劃
posted by 佐鳥 at 20:44| Comment(9) | Fan Talk

2015年09月24日

鏡面の矜持あとがき

ひとつ前にアップしたSS【http://kikinashi.sblo.jp/article/164311284.html】のあとがきです。
本文もあとがきも、映画化に際して心の整理をするために書いたようなものです。
(pixivからもこちらに誘導リンク予定)

続きを読む
タグ:伊藤計劃
posted by 佐鳥 at 22:33| Comment(0) | Create

屍者の帝国SS【鏡面の矜持】

おひさしぶりです。ぐだぐだ生きていたらシルバーウィークもあっさり過ぎてしまいました。
また懲りずにSSを書いていました。
サイトが改装中なので取り急ぎこちらにぶん投げます。
pixivにも投げたので読みやすいほうでどうぞ。【http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5841227

――*――*――*――
原作エピローグあたりのフライデーが、映画設定のフライデーらしきものと出会って対話する話。
どちらのフライデーも妄想と捏造による性格・口調です。ご了承ください。

伊藤作品や関連情報に関するメタフィクション要素を多分に含みます。立場はおおむねメディアミックス肯定派。
そこにいるはずのない人物との対話というアイデア、意識やフィクションについての考え方・表現といったものに関して、神林長平先生の『いま集合的無意識を、』の影響が強く見られると思います。
また、19世紀には存在しない用語がいくつか出てきますが、文中に書いた理由あっての表現ですのであしからず。

映画のファイナルPVと円城さんのコメントが発表された9/19の時点で、本文を9割ほど書いていました。先に見ていたら全体的にもうちょっと違う文章になっていたかもしれませんし、見てから修正したり追加したりした部分もあります。

続きを読む
タグ:伊藤計劃
posted by 佐鳥 at 22:31| Comment(0) | Create

2015年08月18日

屍者の帝国SS【未記述の既述】

お盆休みが逝くのが早すぎると思うんです。
やりたいこといっぱいあったのに出来てなくてぐぬぬしてるんです。

自分でもなんだかよくわからないノリと勢いでフライデーくん視点のSSを書いてpixivに投げていたので、こっちにも載せておきます。先日のイラストを上げた次の日には出来てました。
pixivに投げたほうのURLはこちら。読みやすいほうでどうぞ。【http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5675239
今のサイトはもう更新せず改装後の姿をお見せしたいんです(頑な)

フライデーくん視点での、とある回想の話。時間軸はだいたい小説本編のエピローグ付近。
あえてフライデーくんに記録させないで取り留めなく喋るワトソンくんを見てみたかっただけの話。タイトルはあまりに思いつかなくててきとうに。
だいたい自分が何らかの作品にハマって思考や萌えの堂々巡りに陥ったときに取る行動が「本編の展開を特定のキャラクター視点で思い返す」なのですが、こちらの文章はまさにそんな感じの思考まとめです。考察とか難しいことはしてません。


続きを読む
タグ:伊藤計劃
posted by 佐鳥 at 18:34| Comment(0) | Create